読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

【片づけ】ミシンを出しっぱなしにすることのメリットとデメリット。

ブログを書く時間がなかなか取れませんっ。(;O;)

子どもたちと一緒に寝つき、子どもたちと一緒に(というか、息子に起こされ)起きる朝。

まったくもって自分の時間がない数日でした。

おそらくは、最近のこの陽ざしのせいだと思います。

陽気がいいのはうれしいんですが、日に当たると疲れるんです・・・。

そんなことってありませんか?(;'∀')

 

さてさて。甚平にスタイと、

作りたいものがどんどん出てきた3~4月。

 

ミシンをずっと、出しっぱなしにしていました。

その結果、

ミシンのスペースは山のように布が積まれて、

道具が散乱してしまいました。

 

↓これ、まだいいほうです。(-_-;)

f:id:umet:20170414093833j:plain

 

出しっぱなしにしよう、と決めていたわけじゃないけど、

結構な期間、出しっぱなしになってしまっていたミシン。

ミシンを出しっぱなしにすることのメリット、デメリットを考えてみました。

 

メリット

・時間の短縮

→作りたいとき、すぐにとりかかれます。

特に、大きなものを作っているときなどは、そのままにしておいて「また明日!」ができるのはとても楽です。

子どもがいると、自分に自由時間は隙間時間しかないので、いちいちミシンを出す・片づける時間が取られるのはすごく悲しいです・・・。

・生産性UP

→時短になる結果、短い時間でも作業ができるので、たくさん作れます。

 

デメリット

・危険かも

→気を付けているつもりですが、モノが多くなるとどうしても死角ができたりしがちです。

走ってきてぶつかる、などの事故を招く可能性が高くなりそうです。

・布・糸くずのゴミが出がち

→常にミシンがそこにあると、掃除するタイミングが見つからなくて、

布の切れっぱしとか、糸くずがいつまでもそこにあります。

・精神衛生上よろしくない

 →前掲の写真の通り、見た目にすっきりとは言い難いです。

散らかっている家をいつも見続けていることによって、気持ちも散らかったままになってしまいがちです。

精神衛生上よくない、と気がついたのは最近です。朝イチで片づけを意識するようになってから、片付いていないことに対してアンテナが立ち、キレイにしたいなと思うようになりました。

 ルーティンワークとして片づけを取り入れたto doボードのおかげです。↓

umet.hatenadiary.jp

・教育上よろしくない

→私の趣味道具(おもちゃ?)であるミシンを出しっぱなしにしていることは、

娘に対して「片づけなくていいんだ」という無言のメッセージを送っていることになるのでは・・・。と考えるようになりました。

自分はミシンを出しっぱなしにしているのに、

「おもちゃを元に戻さないとだめだよ」なんて言っても説得力ない(-_-;)

 

 

 

 

・・・こうやって思いつくままにあげていて、デメリットの多いこと多いこと。

このデメリットたちに気づかないふりをして、

ほとんど1か月くらい、出しっぱなしにしてしまっていました。

なぜなら、やっぱり、「すぐ取り掛かれる」ことって、

ものすごくものすごくものすごく・・・!魅力的なんです!

いそいそミシンを出したのに、そこで子どもに泣かれて作業ができなくなってしまうことはつらすぎました。。。(ノД`)・゜・。

 

 

でも、ミシンを出しっぱなしにしてあって、

すぐに取り掛かれるのはいいことなんだけど、

いつもそこにあることに甘えて、

よく考えもせずに作り始めてしまい、

あとから思いついたアイディアで、「こうすればよかった~」と後悔することもありました。(;O;)

何というか、雑になってしまっていました。

 

これからは、

「何を作りたいか決めてからとりかかる」ことにしたいと思います。

あまり気に入らないものを量産してしまうより、

気合の入った1つを心を込めて作るようにしよう!

 

これは、100円ショップに行くときと似てるかも。

何を買うか決めないと、漫然とお店に入ってしまい、長いこと出られなくなって。

結局必要ないものを買ってしまって、無駄遣いになることもありました。

あらかじめ買うものリストを作って100円ショップに行くほうがいいのと同じように、

これからは、あらかじめ作りたいものリストを作ってミシンを出すことにします!

 

晴れて片付いたミシン作業場。

あ、先日買った、無印の「箱」、無事に取り付けられております!(^O^)/

f:id:umet:20170414144335j:plain

ここに近日中に五月人形が並ぶ予定です。(^^♪

 

ちなみに、我が家のミシンはJP310です。

JP310の「310」にちなんで、「佐藤先生」と呼んでます。

我が家の巨匠、佐藤先生。

 

ちなみにちなみに。

「牧田先生」もいます。

 

佐藤先生&牧田先生は、私の生活上の恩師と言っても過言ではないです。(^^♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【読書記録】『気持ちよく生きるための「小さな実行」』

 読んだ本の紹介です。

気持ちよく生きるための「ちいさな実行」

気持ちよく生きるための「ちいさな実行」

 

 

ラジオを聞き始めたり、

to doリストボードを導入してみたり。

生活を整えることを意識している日々になってきている今、

ぴったりの読書でした。

特に、自分の生活にも使えそう、と思ったところを引用します。

 

テーブルの上にものが何もないと、びっくりするほどお部屋がすっきりして広く見えます。(中略)テーブルがキレイだと、したいことがすぐできるし、お料理をつくって食べる時ゆったりできるし、くつろいで本を広げたり、スキンケアしたりと、ひとり時間を充実させてくれます。(p.33)

 

朝のto doに「テーブルを拭く」項目を入れてから、テーブルに安易にモノを乗っけない、出しっぱなしのものは片づける、という流れができてきました。

我が家の現在のテーブル。

f:id:umet:20170413043609j:plain

これくらいまで片づけられると気分もすっきり。

黒いかごは別のところにおけるかな…。

ティッシュは夫も娘も使うし、今のところはどうしても撤去できません(涙)

長い目で考えます・・・。

 

棚とか何かの台にものを置く時に、全部、左寄せにして並べると、片づいている状態に見えます。

(中略)全部左側に寄せて置き、右側を少し空けます。右側に少しスペースが空いていると、ものを取り出したりしまったりする時に、右にずらせるので動作がスムーズになるのです。左ききの人はこの反対です。(p.35)

 

何も置かないのが一番いいんだろうけど、どうしても、モノを置いたり飾りたりしたい気持ちがあります。

今も、自分の作業場でPCに向かってるんですが、

右側にスペースを開けておいています。そうすると、本を開く余裕ができるんですよね。

すっきりしたスペースとすっきりした思考は連動している!

左寄せ、意識したいと思います。

そして、左側に置いたものたち。

いつまでもそこに置きっぱなしの吹き溜まりができないように気を付けないと。

(;・∀・)もうすでに結構できてる

 

いやなことがあったついでに、あえて他にもいやなことをします。

ふつうはいやなことがあると、気晴らしに楽しいことをするでしょうけど、私は違うのです。

ついでに、いやなことをふたつでも3つでもやろうって気になります。(中略)プリンターのインクの取り換え、玄関にだらしなく出ている靴を磨いて箱にしまう、どれも、1分か5分もあればできることばかり。

今日をムダにしなかった、その気持ちが、もっといい明日につなげようとプラスに蓄積されていくのです。(p.68)

 

いやなことがあったときに、ずっといやな気持ちでいると時間がもったいない。

やってしまいがちなのは、パーッと食べたり買い物したりする、という気晴らし。

でも、それはその時は慰めになっても後から罪悪感が出てしまいがちです。

いやなことにいやなことをかけあわせるというアイディアは、気持ちの切り替え方として、すごく生産的な気がします。

そういえば、イライラした時は拭き掃除がいい、と聞いたこともありました。

あとは、長風呂とか炭酸を飲むとかくらいしか知らなかったので、

「いやなことがあったときには、あえて、もっとほかにいやなことをする」というのは目から鱗でした。

いやな気持ちになってしまうことは避けにくいものだけど、

そのリセットの仕方が上手になりたいものです。

 

夜、床に入ってCDを聞きながら、笑顔を作って寝るようにしています。くちびるの両端をグッと上げて、目のあたりもやさしく…。笑顔なので心もほんわかしてきます。(中略)朝、起きて鏡を見ると、顔がやさしい表情になっているのです。

ストレッチは夜寝る前にするといいと言いますが、顔の筋肉も夜、寝る前にほぐしてやさしい表情に筋肉のクセをつければ、目覚めもいいと思うのです。(p.84)

 

ほんとかなー(;'∀')と思うところもちょっとありますが、

笑顔で寝るのは、ipodを片手に寝落ちするよりもよさそう。

今日面白かったことを娘と話して、(^o^)ノ < おやすみーまた明日遊ぼうねー

と言って寝ることがありますが、それを毎日続けようかな。

 

 

 

こういうライフハック的な本をときどき読むのは、リフレッシュになります。

私が元気でいるときは、

手芸、

長風呂、

友達との会話、のどれかが(できれば複数)達成できてるときですが、

読書(簡単なものだけしか読めないけど)も自分の元気度をかなり反映している気がします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子