読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

娘の夜泣きに思うこと。

子ども こんなこともある

特に、娘が2歳になってから2歳半になるまでの間に顕著でしたが、

ときどき夜泣きがあります。今も。

私は9時半~10時ぐらいに娘と一緒に眠りについてしまうのですが、

さすがにそれだと仕事が回らないし、私の好きなことができないので、

4時くらいにそそくさと布団を抜け出します。

 

明け方、隣に私がいないのを気配で察知した娘は、

「ままはー?!」(;O;)

泣き叫び…、

私が早朝に洗濯ものを干してようが、仕事のメールを打ってようが、

さらに泣き叫び…。

 

母、布団へと強制送還。(´ェ`;)三3

 

また娘が泣き止んで寝てくれれば、私はやってたことに戻ることもできるのですが、

私も一緒に布団の沼に引きずり込まれて、ヽ(=´Д`=)ノあアア…

朝までそのままグッスリということもあります。

 

とりわけ、ひどい日がありました。

娘の泣き声が聞こえるので、洗濯物を放りだして、慌てて寝室に戻ってみたら、

娘、苦悶の表情をして泣きわめいているし、さらには泣きながら私をたたいてきました。

(;O;)「ぺんっ!」←私をたたくときの彼女の効果音。かわいいけど笑えない。

と言いながら…。

 

いつもなら、

( ・`д・´)「こらっ。ぺん、じゃないでしょ!」

とかかるのですが、いかんせん娘には寝ぼけも入っているので、

説教しても正論が通じるわけもなく。

ただただ、添い寝。

 

そのうち、

(;O;)「あっけといて~」

と言い始めるので、何かと思ったら、

(;O;)「(ままの布団の隣を)あけといて(そこで寝たいから)」

という意味でした。夫通訳。娘語の聴き取り理解において、彼は私より上級者。

そして、私の布団に潜り込んで寝たという…。

 

まあ、まだかわいいもんなのです…(^v^)

 

でも、これが続くと参ってしまいそうでもあります。

 

 

 

それで、こう考えてみることにしました。

娘は、未知の宇宙生物から、謎の信号を受信して、

 

おまえのかーちゃんを困らせてやれΨ(`▽´)Ψ

 

って、指令を受けたのかなと思うことにしました。

 

娘は、

(;O;)「そんなことできないよ~。ままのこと、大好きだもん」

Ψ(`▽´)Ψ「けけけ。そーか。じゃー、どーなっても知らないぞ」

(;O;)「…!」

Ψ(`▽´)Ψ「けけけ。ほーら、かーちゃんを困らせてみろよ。くっくっく。はっはっは!」

(;O;)「…!!」

 

その結果、

 

(;O;)「…ままー!!ままー!!」

(;O;)「(混乱)ぺん!」←一応、指令を実行してみた

 

(;O;)「…」

(;O;)「…あっけといて!」

 

になったのかな、と思うことにしました。

 

最高にばかばかしいけど、多少ふざけてそんな風に考えてたほうが、精神衛生上いいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子