明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

ディズニー計画に暗雲が。

スポンサーリンク

下の記事に書いた通り、来月、ディズニーシーに行く計画があります。

 umet.hatenadiary.jp

 

我が家には、あまりディズニーのキャラクターもののおもちゃなどがないので、

少し「予習」しておくのはどうだろうと思い、

DVDを購入してみることにしました。

 

もともと、ディズニー映画のDVDは、いつか買おうと思っていたので、

タイミングかなあと。

 

選んだのは、

 『リトル・マーメイド』。

 そして、『アラジン』です。

 

ディズニーシーといえばリトル・マーメイドとアラジンのキャラクター、というイメージがあるので家で親しんでおけば、

娘もディズニーシーで、あっこれ知ってる!(*'▽')

となるのではないかと。

テーマソングの美しさもあって、私自身が好きな映画です。

 

このダイヤモンド・コレクション、これひとつにDVD、ブルーレイ、デジタルコピーが入っています。

我が家はブルーレイの調子が悪いのでDVDで見ますが、ipadからも見られるのがうれしい!(登録が必要です)

 

ちょっと私が興奮して、先走ってしまったのですね。

娘に、「今日新しいDVDがあるよ~(^^)/」

と喜々として伝えたのですが。

娘の機嫌の悪い時だったのですよね。

リトル・マーメイドのパッケージを見て、

(;O;)「こわいー」

と言い出すのです。

 

私もちょっと焦ってしまって、

「怖くないよー、お魚さんだよ。

 ほらっ、アンダーザシー♪アンダーザッッシー♪ヾ(o´∀`o)ノ」

と陽気に歌って見せたら、

 

(`o´)「いやっ!あんだーざしー、こわい!」

と。

はっきり、”リトル・マーメイド=こわい”イメージを獲得してしまいました。

 

どうしてこうなった…。(ノД`)・゜・。

 

ゼロからのディズニー計画のはずが、マイナスからのスタートに。

子どもはみんなディズニーが好きになるもんだと思っていましたが、

こんなことになるとは。( ;∀;)

 

DVDのレビューを見ると、2歳くらいの子でも結構楽しんでみてるものかと思い込んでいましたが、

自分でも視聴してみると、結構怖いシーンもありますね。

娘がこよなく愛するのは『となりのトトロ』ですが、この何とも穏やかなトトロの映像ですら、夜のシーンが怖いみたいです。

 

となりのトトロ [DVD]

となりのトトロ [DVD]

 

 

トトロを見ていて、早送りをせがまれるのは、

・一家が引っ越してきた夜、さつきちゃんが外に薪を取りに行こうとして、突風にあおられるシーン

・さつきちゃんとメイちゃんが学校から帰るとき、雨が降ってきて、カンタくんに加さを貸してもらって帰宅するまでのシーン

・バス停でトトロからもらった種をさつきちゃんたちが蒔いた夜、種がどんどん芽吹いて成長するシーン

 

というあたりで、「夜・暗い」の共通点があります。

これらで怖いのであれば、『リトル・マーメイド』や『アラジン』の、敵から逃げるシーンとか、バトルのシーン(?)は難しいかもな~(-"-)と思った次第です。

 

初めてのディズニーを楽しんでもらうべく、予習と思いましたが、

なんか余計なことしたかな・・・と反省しつつ、

まだ時間はあるので、機を狙ってみたいと思います。

 

それから図書館で、『子どもといく 東京ディズニーシーナビガイド』

なるものを借りてきました。

こういうの、見てるだけで楽しいです!

パークで食べる軽食の紹介がたくさんされているのですが、いろいろ新しいのが多くて、見入ってしまいます。

美味しいんですよね~。チュロスとか、昔ながらのも大好きです。

 

チュロスといえば。少し前のCMですが、夫はこれ見て涙ぐんでました。


東京ディズニーリゾート CM Tokyo Disney Resort

 

ディズニー計画、どうなることやら。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子