明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

娘を連れて一泊旅行に行ってきました。

スポンサーリンク

娘と私、そして実家の母と私の姉、4人で旅行に行ってきました。

娘+私+夫で一泊旅行は過去2回ほど経験がありますが、

母と姉は私が育った実家に住んでおり、住んでいるところも近いので、頻繁に娘を連れて遊びに行くのですが、このメンバーで一泊旅行行くのは初めて。

ドキドキしながらも、楽しみにしていました。

やっぱり実家の母&姉は、気がラクです・・・(*´ω`)

女性陣、心強い。

 

場所は、車で1時間ほどの、同じ県内の海のほうのホテルで、

母の親戚が近くに住んでいるので、チェックインする前に、

お墓参りや親戚まわりを済ませました。

 

お墓参りの道すがら、タンポポの綿毛を見つけて興奮!

※抱っこしているのは家から持ってきたクマちゃんのぬいぐるみ。

クマちゃん、後々大活躍することに。

f:id:umet:20160425163355j:plain

 

井戸水で手を洗ってうれしそう。

f:id:umet:20160425163506j:plain

 

そして、親戚の家では、娘も親戚のお姉ちゃんたちに遊んでもらって大満足!

お姉ちゃんたちが小さい頃使っていた三輪車を借りて、

ずっと押してもらっていました。

押してくれているのは、私の従兄のところの一番上のお嬢さんで小4。

とっても面倒見がよくて感動!

「そろそろ、お砂遊びしようよ~」と誘ってくれるのに、

娘はずっと三輪車が気に入って、30分以上乗っていました。

f:id:umet:20160425163059p:plain

 

3時過ぎにはチェックイン。

周りは海のほか観光地もなく、

部屋で、のーんびりできました。

 

ふかふかのベッドに、2歳児、大の字でダイブ。

f:id:umet:20160425163654j:plain

 

その後、夕食の前に、大浴場に行きました。

娘、大浴場デビュー。

怖かったのか、入り口で「やめるー!(;O;)」と言い、ちょっとぐずっていましたが、

慣れると気持ちよさそうにしていました。

 

長時間車に乗っていたし、遊んだし、疲れただろうな~と思っていたら、

案の定、夕食時にぐずってしまいました。

私が抱っこしても落ち着かないのか暴れるし、歩き回ろうとするし、悲惨なことに。

レストラン内にハイローチェアを発見し、やぶれかぶれでしたが最後の望みをかけてチェアに座らせてみると、何とご機嫌が復活、トマトをひたすら食べて、大満足の食事でした。

 私たち大人も、海の幸、地元の料理、甘いものまで、心ゆくまで食事を楽しめました!

 

 

きっと疲れてぐっすり寝てくれるだろうな~と思いつつ、絵本の読み聞かせをしていたところ、8時過ぎにはコトリと就寝。

このまま朝までしっかり眠ってくれることでしょう・・・と思ったら。

まさかの!夜中の2時前にギャン泣き・・・!

たぶん寝ぼけていたのでしょう、

「開けてー!開けて~!!ウワーン!!(;O;)」でした。

↑何を開けてほしかったのか、今でも不明です。

 

ほとんど錯乱状態みたいな感じで寝ぼけているので、

何とか「ママとお散歩しよう!」と説得し、

抱っこで部屋から娘(とクマちゃんと絵本)を連れ出しました。

何とか涙と嗚咽は止まったものの、気持ちが落ち着かなかったようで、ぬいぐるみのクマちゃんを抱きしめたまま、娘は硬い表情。

ずっと娘を抱っこしたまま、ホテルのロビー(真っ暗)をうろうろしたり、大浴場の前のベンチで絵本の読み聞かせをしたりしました。

そうこうしながら、

今日はばーば(私の母)とねーね(私の姉)と一緒に、お家から離れて遊びに来ていること、

明日はおうちに帰ってパパと遊ぼうね、

などと説明しました。

次第に落ち着いてきてくれて、

小一時間ほどして部屋に帰って何とか娘を寝かしつけ、ようやく長い夜が明けました。

 

・・・くたびれ果てました(;'∀')

 

 

娘の大音量の鳴き声で母や姉も起こしてしまったし、隣のお部屋にお客さんがいたかわかりませんが、ご迷惑をかけてしまったことと思います。

自分自身も疲れたし、娘もかわいそうでした。

その点では、昨年の旅行の方がスムーズでしたが、

2歳半も過ぎ、いろんなものごとがわかり始めてきたということも関係しているのでしょうか。

 

今更、母や姉に見栄をはっても仕方ないし、

母も姉も、娘のことをかばってくれましたが、

私自身が、娘に対して、”お行儀良くてお利口”であるといいな、と思っているのでしょう。

寝ぼけていたとはいえ、こんな風に急に泣いたりわめいたりする娘に、ドキドキしてしまいました。

それは自分自身が育つ過程でそうあらねばと思ってきたことでもあるんだと思います。

人からの評価が気になるタイプなのです。

 

でも娘が私の期待通りにならないことは、希望でもあるのだと思います。

娘は他者だし、私の思い通りにならないからこそ、私も母として成長していけると思うので。

親の顔色を気にせず、のびやかに育っておくれ!と思います。

親の顔が見たい!、と言われない程i度に・・・というのも願っています(;・∀・)

 

最後に、持って行ってよかったもののメモです。

 

・クマのぬいぐるみ

 娘のライナスの毛布です。持っていくことを思いついてよかったです!

 もはや私にとっても精神安定剤です。(;´∀`)

・読み慣れている絵本

 『ママはいそがしいそがし』を持っていきました。

・遊び慣れているおもちゃ

  『ピアノ絵本』を持っていきました。

ipad

 ホテルは無線が飛んでいるので、

 娘を寝かせた後、私が寝付くまでの暇つぶしに役立ちました。

 私ガラケーユーザーなので…。

 ・エコバッグ&レジ袋

 ケースに入らない荷物をまとめておくときや、おむつの一時入れなどに、

 あるとよいと思いました。重いものではないので、2,3枚入れておくと安心。

 ・娘と私のパジャマ

 いつもの娘のパジャマと、私のマタニティパジャマです。

 結果として、夜中のホテルをだいぶ長い時間抱っこして歩くことになったので、

 パジャマでよかった・・・。ホテルの浴衣だときつかったはず・・・(;'∀')

 

ちなみに今回の旅行は姉に車を出してもらったのですが、

コロコロ付のキャリーケースがとても楽でした!

子連れの妊婦、何かと荷物が増えるので。

私のは旧版ですが、エースのプロテカというこのタイプを使っています。

40リットル容量で、機内持ち込み可です。

[プロテカ] Proteca 日本製トロリーケース マックスパス 47cm 40L 2.7kg TSA南京錠 100席以上の機内持込対応サイズ (ネイビー) 12732

 

いろいろあったけどいい旅行ができました!

快く送り出してくれた夫にも感謝!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子