読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

おまけのきしゃぽっぽ♪と歯磨きのこと。

子ども

私が子どもの頃、「おまけのきしゃぽっぽ」という数え歌をよく歌っていました。

 

こういうものです。


おまけのきしゃポッポ 「 子守唄さん ありがとう 」 NPO法人日本子守唄協会 編著 より

この動画では、「ひとつ、ふたつ・・・」になっていますが、

私は、シンプルに「いーち、にーい・・・」で歌います。

娘は1歳くらいから「ぽっぽー」だけ参加してくれました。気が向けば…。

 

おそらくお風呂から上がるときの数え歌として使うのが基本(?)のようで、

お風呂から上がる最後に、最後にしっかり肩までつからせて、この数え歌を歌うのですが、

歯磨き場面でもよく使います。

その場合、オリジナル歌詞の「あがりましょ」が合わないので、「終わりましょ」と歌っています。

 

歯磨きのときはものすごーくゆっくり、20までカウントする私。

ざっくりと、下の歯でゆっくり1~10、上の歯でゆっくり11~20です。

20までいったら終わる、とわかっているからか、

娘はそれほど嫌がらず、歯磨きさせてくれます。

ときどき「くまちゃんがやってー!(・∀・)」というリクエストがあり、

私が左手にくまちゃんのぬいぐるみ、右手に歯ブラシを持ち、

くまちゃんが娘の歯を磨いてくれている、というていでの歯磨きをすることもあります…。

 

 歯磨きには、こちらを使っています。

パックス こども ジェルはみがき 50g ×2個セット

パックス こども ジェルはみがき 50g ×2個セット

 

これを気に入って使っていましたが、

辛いはずはないのに、最近「からい!」というようになって、ちょっと困っています。

私が子どもの頃から、歯医者通いが結構多い子どもだったので、

娘には虫歯ゼロでいってほしいなあと思います。

 

ちなみにこの数え歌は、「one, two, three...」で歌う、英語のバージョンもありました。

ありました、といっても公式にそういうのがあるわけではなく、多分私の親戚のうちの

オリジナルではあると思うのですが。親戚のうちに泊まりに行くと、なぜか英語で歌う習慣でした。しかしながら、「おまけのおまけのー」のところは、普通に日本語で歌います。

 

今から思うと、すごく謎なのですが…私が受けた唯一の早期英語教育かも(;^ω^)

twelveとtwentyを混乱せずに中学に上がれたのは、この数え歌のおかげかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子