読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

妊婦の食事。何をどれだけ食べたらいいのか悩む。

妊婦の栄養というのは今の自分にかかわることであり、

保育士の試験の「子どもの食と栄養」という科目でもよく問われる項目のようです。

 

栄養の勉強って、今まで全然したことがありませんでした。

でも、面白い!

体、健康に直結する学問ですよね。

今朝食べたものが自分の身体の中で頑張ってくれていると思うと、何だかいとおしくなってくるし、からだに良いもの食べよう!という気持ちになります。

 

勢い余って、こちらの本を購入しました。

カラー図解 栄養学の基本がわかる事典

カラー図解 栄養学の基本がわかる事典

 

 ↑化学の知識がやや必要な本だと思います。

私はこの辺りきちんとよくわかっていないものの、

「よくわからないけど、丁寧な説明がほしい~」という気持ちに応えてくれる一冊でした。

 

「妊産婦のための食事バランスガイド」によると、主菜、副菜、果物をひとつずつ追加くらいの分量のようです。

↓PDFが開きます。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b02.pdf

 

 数値で言うと、30代女性(身体活動レベル:ふつう)の

推定エネルギー必要量は、2000kcal/日とされてるみたいです。

そこに、妊娠中の付加量(妊娠中期で言うと)は+250kcal。

カロリーの加算だけなら、具体的な食事もイメージできるのですが、

栄養素となると何だか、具体的な食事の姿が見えなくなるんですよね。

↓妊婦に必要な栄養素の数値はこのページがわかりやすかったです。

妊娠中の食生活の特徴 | 妊娠中の食生活

 

特に鉄!

鉄は、30代女性(月経なし)が6.5mgのところ、

妊娠中期は+15.0mg。

つまり、21.5mg。

 

例えば納豆は鉄分が多いけど、

1パック45グラム中に鉄分は1.5mg。

納豆だけなら、一日14パック食べないと、鉄分21mgにならない計算…。

 

別に、毎日すごーく栄養のことを考えているわけでもないですが、

サプリなしに鉄を補えるものなのかな?、とか、

カロリーの上限を超えずに、栄養素を満たせるものなのかな?、と、

疑問に思います。

 

今度機会があったら、産院の栄養士さんに尋ねてみようかな…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子