明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

妊娠28週、妊娠糖尿病の検査をすることになりました。

スポンサーリンク

妊婦健診に行きました。

 

大きさは週数平均、羊水の量や子宮頚管長、それから気になっていた胎盤の位置も見ていただきましたが、いずれも問題ないそうでした。

そして中の人は、やはり男の子のようです。

 

で!

タイトルの通り、妊娠糖尿病の検査をすることになりました。

前回、初めて尿糖が出たのですが…。

umet.hatenadiary.jp

 尿糖が今回は「++」にチェックがついていました…!

 

今回は、以前のように、甘いものを朝ごはんに食べちゃった!というミスはさすがに繰り返さず、

2食分、つまり前日の夜と当日の朝、糖を制限をしたつもりだったのです。

なのにこの結果。ショックでした。

娘の妊娠時は、尿糖でひっかかることは、まったくなかったので、1回尿糖が出たけど大丈夫かな、とどこかで思っていたのでしょう。

心の準備ができてません。

2回連続で尿糖が出たので、次回の健診までに、糖尿病の検査を受けておいてください、と医師に言われました。

 

看護師さんと相談しながら検査の日程を決めながら、看護師さんに、

「血糖はそれほど出てないみたいなんですけど…尿糖が出るみたいなんですよねえ…」とぶつぶつ言っていると、

体質によっても違うので…とのことでした。

 

今から食事についても見直してみようと思います。

食事については、こちらとか↓

www.skincare-univ.com

↓こちらがわかりやすかったです。

【第144号】妊娠糖尿病について、妊娠糖尿病の食事について | くす通信 | 国立病院機構 熊本医療センター

 

検査というのは、

「75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)」といわれるもののことで、

・前日は午後9時以降食べない(水は12時までOKだそうです)

・当日は絶飲食

の状態で産院に行くことになりました。

 

↓この検査についてはこちらが詳しいです。

medicalnote.jp

ちなみに費用は、地域や病院によってまちまちかもしれませんが、

私の通っている産院では1500円くらいだそうです。

 

ともあれ、検査をしていただけるのはありがたいこと。

糖質、とくに白いお米は大好きだけど、

今から、肉・魚・野菜中心の生活に切り替えようと思います…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子