読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

妊娠31週、入院2日目。入院中のあれこれ、反省点とよかったこと。

スポンサーリンク

入院してから、丸1日と半分経ちました。

 

今朝の内診で、子宮頚管長が3.8cmになっており、

この結果を受けてウテメリンの量が半分になり、明日には点滴をはずせるようで、

早ければ週末には退院できるかも、という兆しが見えてきました。

 

今回の入院が急だったのもあり、なんだか疑い深くなっているのか(?)、

退院の可能性もぬか喜びになるのでは・・・と思っており、

手放しで喜ばないようにしています。

 

防備録として、これまでの記録をつけておきます。

 

*めっちゃうろたえて投稿した前回の記事に、コメントやブックマーク、スターをつけてくださりありがとうございました☆

やはり4年前のiPodでは限界があり、

今は夫が持ってきてくれたPC&有線LANを使って(病院の許可得ました)、更新しています。

 

1日目

10:00

・経腹エコーで胎児の大きさ確認、週数相当&やっぱり男の子

・医師による内診で子宮頚管の短さ2.5センチを指摘され、「今日から入院できますか?」

・夫に電話し、入院セット(パジャマ、下着類、スリッパ、歯ブラシ、タオル)と文庫本を持ってきてもらう。

 

11:30

・看護師さんに連れられて病室(4人部屋)へ。

・病院のパジャマに着替え

ウテメリン点滴開始。10mL/h。副作用で夕食くらいの時間に動悸、震えが来るかもと言われる。

→その後、特に副作用を感じませんでした。

・モニターで張りを確認、「張った?」と聞かれるが、自覚なし。

→どうも私は「張り」というものがよくわからないみたいです。ちょっと硬くなるかな、程度でしょうか。

・内診、おりものの確認のため?特に何も言われませんでした。

 

12:30

・昼食

 

13:00

・夫来る、荷物受け取る

・夫が持ってきた文庫本の中に、なぜか夫が就活していたときの企業研究本が…。

 

 13:30

・体温チェック

 

~この間、

ブログを更新したり、

近日中に会う予定だった人たちに連絡を取ったり。

 

18:00

・夕食

 

18:10

・娘と夫が面会に来てくれる。30分後に帰宅。

 

~この間、

病室のTVを見てすごす。

NHKスペシャル | 金メダル 知られざる闘い~内村航平と萩野公介~

 

22:00

・消灯。眠れない。

・夫が持ってきてくれた本を読む。

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

 

翌朝までかけて読破。風景が頭の中に再現されるようで、

なんだかこの夏の思い出になりそうな一冊でした。

 

 

と、1日目はこんな感じでした。

 

2日目は、

7:30朝食、

9:00モニター

9:30内診、

12:00昼食、

14:00シャワー、

18:00夕食、

 

といったところで、

この2日間を経験して、なんとなく病院での過ごし方がわかってきた感じです。

 

反省点

☆「今日から入院できますか?」と言われることがあるんだと認識しておくこと

→まさか自分が、と思いますが、ほんとに言われると唖然としますし、

「いや、今日からはちょっと無理です」とはなかなか言いにくいです。

病院からもらったパンフレットにもありましたが、お産は一度進行したら後戻りが聞かないわけなので、早め早めに言ってくださっていることだと思えば、

やっぱりおなかの赤ちゃんに安全な策をとりたいものです。

 

☆入院セットを準備しておくこと

→まったく用意していなかったので夫に負担をかけてしまいました。

「クロゼットの上の棚にあるアレと、洗面所の鏡の裏の右の棚のアレと・・・」の指示でいろいろ集めてくれた夫に感謝。

入院セットとはいっても、日ごろ使っているものを持って行きたいことも多いので、

すべてパッキングするわけにはいかなくても、ここに何がある、ということははっきりさせておいたほうがいいですね。

普段の整理整頓をきちんとしていないところを反省しました・・・。

 

よかったこと

☆安静にしているために、入院というのは確実な手段

→2歳児と一緒だと安静は難しいので、今回は入院できてよかったのかもしれないです。あと、1日目の検査で尿糖がプラスになっていました。以前、妊娠糖尿病ではないという結果が出たことで、気の緩みもあったのかも。そういう気の緩みをリセットするためにも入院できて、少し、気が引き締まりました。

 

☆出産のための入院のイメージが出来たこと

看護師さん、助産師さんがとにかく親切で、入院中の身とはいえ、快適に過ごさせていただいて感謝です。

4人部屋だとどうかなと思いましたが、特に問題を感じないし、出産のときも4人部屋でいいかも、と思い始めました。

シャワーもすごくきれいで、今日、1日ぶりにシャワーを浴びたらすっごくすっきりしました。心の中で「クオリティ・オブ・ライフ・・・!」とつぶやいてしまったほどです。産院なので生まれたての赤ちゃんも時折見ますが、超かわいいです。小さい、可愛い。面会に来てくれた娘も「赤ちゃん、寝てる^^」となんだかうれしそう。

この病院で、正期産で赤ちゃん産もう!という気持ちが高まりました。

 

あとはなるべく安静にして、早く退院できるように祈るのみです。

一人目の出産のときに、出産のあれこれは味わった気でいたけれど、

いろいろあるものですね・・・。

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子