明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

歯科医の話。

スポンサーリンク

歯医者さんに行って、虫歯を無事治療してきました。

 

”出産したので、妊娠中に指摘された虫歯を治しに来ました”、と伝えると、

先生「今日、おちびちゃんは?」

そりゃ不思議になりますよね!

実は入院していて、という話をしました。

 

確か通い始めて4,5年くらいの歯科医院なのですが、

私、この先生が好きなようです。

話すと元気が出るし、世間話したくなる。

病院にありがちな、余計なことはしゃべらない、という感じはないし、

先生もわりかしおしゃべりなので、歯をいい状態にするためのコツとか、いろいろしゃべってくれます。

歯を頑張って磨くぞ!虫歯をつくらないぞ!という気持ちが高まります。

 

「梅さんをずっと見てきて思うのですが…」

「最近ちょっとストレス溜まったりしてますか?」

とか、

ほかの歯医者に浮気させない気合(?)がすごい。

 

先生曰く、私の歯はどうやら、虫歯菌に負けてる状況らしい。

甘いもの全般好きですし、今回の妊娠では、後期になってもずっと、軽いつわりはあったので、しっかり歯を磨けてなかった自覚はあります。

 

営業トークだけかと思うとそんなこともなく、

患者目線でかけてくれる言葉も的確です。

「痛かったらすぐ左手挙げてください」

「ちょっと頭に響きますよ」

「水がかかりますが痛くないので安心してください」

とか。

 

見た目とかしゃべり方とか、誰かに似てるなーと思ったら、ヒャダイン似です。

人好きのするタイプなんだろうと思います。

 そんなヒャダイン歯科医から、

「甘いもの食べたら、あったかいお茶で口をゆすいで、砂糖を溶かすといいですよ」

とおすすめされたのですが、

さすがにまだ私の年齢でそれはやれないよ(ノД`)・゜・。

 

私が治療を受けている間、隣で

「そう、そのまま僕の指を吸っちゃっていいです」

って聞こえたんだけど、いったい何の治療をしていたんだろう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子