明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

新生児の体重増加とミルク事情。

スポンサーリンク

生後25日を迎えた息子。

 

・・・新生児時代も、あと3日ちょっとしかない!( ゚Д゚)

まだまだほそっこい足や腕、おにくの十分ついていないおしり。

ほにゃほにゃ泣いているのがかわいいです。

そのうち、むっちむちになるのかしら。

 

1か月健診まであとわずか。

体重増加が気になっています。

 

出生時の体重は3110グラム。

生後18日で退院したとき、3218グラム。

NICUにいた18日間の体重増加は1日6.5グラムです。

出生後の生理的体重減少と、しばらく点滴生活だったのが原因だと思います。

 

一日30グラム増えてればいいとかいう話を聞きます。

単純計算で、30グラム×30日で900グラムの増加をしていると、

約4000グラムになっていると、まあまあ平均的な体重増加ということになるのでしょうか。

 

生後25日目の今は、3500グラムほど。

1か月健診の日までに、4000グラムには行かないだろうな~。

今までの体重増加が足踏みに近かったのに、急に増えるのもどうなのだろう、という気がします。

 

母乳はまあまあ出ていると思いますが、

早くも詰まりがちになるようで、吸われるときに痛いので、

母乳の流れをよくするハーブティーを購入して試すことに。

 

 

 家に届いたので早速飲んでみました。

f:id:umet:20161102175504j:plain

 

くせの少ないハーブティーで、飲みやすいです。

まだ飲み始めて2日目なのでわかりませんが、今のところ、乳腺炎のはじまりらしき詰まりは感じないです。

30個入りで2000円と、我が家で常飲しているお茶の類の中ではお高いので、黒豆茶、麦茶、ルイボスティーなどと一緒と、おそらく母乳に良いだろうと思われるお茶でローテーションを組んで、じゅんぐりに飲んでいます。

なので、今のところ詰まってはいないけれど、いったい自分が飲んでいるどのお茶が効いているのかわからない・・・(-"-)

 

吸われるときはちょっと痛いです。これは詰まりというよりも、息子の吸い方の問題である気がする。早く上手になってほしいなあ。大きくお口をあけておくれ。

 

日中は基本母乳で、

夜間に1回、昼間1回くらい、ミルクを足す感じです。

作るミルクは、1回につき、60~80mlほどです。

家にいるだけなので、頻回授乳をしていてもあまり気になりませんが、

さすがに30分~1時間おきに泣いたり、自分でも、もうあまり出ていないかなという感じがわかるときは、無理せずミルクにしちゃっています。

ミルクにして一回母乳をパスするときは、次の回には母乳がしっかり出ていることがわかる、という感じです。

 

娘の時は、アレルギーのことを心配して、「E赤ちゃん」にしていたのですが、

今回は病院でも使っていた「ほほえみ」です。

 

 

キューブは楽ちんです。

スプーンで入れると、100ml以上ミルクを作るときなんかは、

「今、何杯いれたんだっけ…(;・∀・)」というのが頻繁にありました(特に夜中)…。

キューブは見た目でしっかり確認できるのがよいです。

完母になるかもしれないし、この先どれくらいミルクを作ることになるのかわからないので、少量個包装のパッケージは助かります。缶だと、一度開けると早く使いきらないとなりませんし。

あと、キューブタイプだと、娘が「ポトンする!」といって、キューブを哺乳瓶に落とす作業を手伝ってくれます。これを粉でやられたら、台所粉まみれなので、キューブでよかった(;^ω^)

 

1か月健診てどんなだっけな、と思い出すために、娘のときの母子手帳を見てみたら、

 ↓こんな感じで「健康児」と殴り書き、もとい勢いよく記していただいておりました。

f:id:umet:20161103033724j:plain

 懐かしいな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子