明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

娘と本気で遊んでみる週末。

スポンサーリンク

この週末は、どこに出かける予定もない週末でした。

さあ、どうやって過ごそう。

始まる前から身構える私。

 

土曜日は、Eテレまいにちスクスクで紹介していた、

ティッシュで作るおすしをつくってみました。

f:id:umet:20161121155728j:plain

ネタを切るなど、メインの仕事は私がやりましたが、

ティッシュでシャリをまとめるところや、

サーモンの模様を描くところ、いくらのマルを描くところなどは、

娘にやってもらいました。

そして、リビングにいる夫にお届けするのが娘の役目。

「いらっしゃいませー、いくらでーす(・∀・)」

とかなんとか、それっぽくやってくれました。

もう少し手先が器用になれば、娘も自分で全部できそう。

 

それにしても、娘と本気で遊ぶのはなかなかしんどい!

時計見ても10分しか経っていないとか、よくあります・・・。

娘がペンやハサミを持っているときなどは、ついつい、手を出したくなってしまうところもあります。

もっと頭を空っぽにして遊びたいのに、

「もっとこうしたらうまくできるよ」とか、

「そうやって使ったら危ないよ」とか、

「この色使ってみなよ」とか、

いろいろ言いたくなってしまう。

 

日曜日は、散歩に行きました。

夫に娘を任せて、私は息子と一緒に留守番したい気持ちをぐっとこらえて、

息子を抱っこひもに入れて、家族4人でお散歩。

地元の神社の小さいお社に、息子の誕生を報告しつつ、

あったかい日だったのでウォーキングを楽しみました。

夫が散歩に連れだしてくれるのは、じっくり家事をするチャンスではあるけれど、

一緒に行くと、娘の成長もわかるし、

こういう時間の積み重ねが家族を形作っていくよなあ、としみじみしました。

それにしても、今は、育休中の夫が、急に走り出す娘を追いかけてくれるからいいけど、

一人で、娘と息子を見なければならなくなったら怖いなあ。

 

帰宅してからは、ベビザらスでもらった、しまじろうのDVD鑑賞。

パンパースをまとめ買いしたので、その景品でした。

12分の短いものでしたが、娘の食いつくこと食いつくこと・・・。

何度も繰り返し見ました。

Eテレの幼児向け番組と何が違うのかあまりわからなかったのですが、

娘にとっては、しまじろうには”繰り返し見たい何か”があるのかしら…?

 

保育園を退園してからの生活を考えると、

いい天気ならお散歩、公園で遊ぶ、児童館に行く、などなどがあっても、

天気が悪い日や風邪を引いた日など、絶対に家にいる時間も長くなるので、

こどもちゃれんじを検討するタイミングなのかも。

購入した教材は、いずれ息子にも使えそうだし…。

 

しばらく考えてみることにします。

 

どこかにお出かけしたり、買い物したりするなどをすれば、

それなりにあっという間に時間が経つのですが、

お金を使わずに楽しい週末を過ごすのはなかなか厳しい。

 

商業施設は子連れにやさしい施設だと思うし、ショッピングモール大好きな自分でもあるのですが、

いつもいつもお金を出して楽しみを買う、というのはどうも、うーん(-"-)と思ってしまう。

 

本当はもう少し自然と触れ合わせたいけど、いかんせん我が家はだいぶ街中。

車で連れ出そうにも、私はペーパードライバー。

 

それなりに模索して、お金を使わなくてもそれなりに楽しい週末を過ごせた気もしますが、

やがて始まるワンオペ育児を想定して、びくびくして今の時間を楽しんでいない感じが、私にはある気がします。

 

なんかいい方法ないかな~。

今考えているようなことはちょっとした悩みでもあるんだけど、

自分に与えられた宿題と思ってしばらくゆっくり取り組んでみようと思います。

「つま子は悩んでいる時が楽しそうw」と、かつて先輩に言われたことを思い出しました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子