読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

娘と自分を切り離して考えること。

スポンサーリンク

娘からうつったのであろうと思いますが、やっぱり私も発熱しました。(。-_-。)

そして、

”お母さんには代わりはいない”、ということは、具合が悪くても家事育児はある程度しなければならない

ということなんだな、としみじみ思いました…。

 

常備している粉ポカリを飲みました。

大塚製薬 ポカリスエット 74g 5包

大塚製薬 ポカリスエット 74g 5包

 

飲んだだけでよくなる気がする。

f:id:umet:20170124093844j:plain

一晩で2リットルいけます。

 

そしてもう一つ思ったこと。

 

娘のパフォーマンスで、自分のいちにちの出来不出来を決めるのはやめよう。

かんしゃくを起こしたり、甘いものしか食べたがらなかったり。

こういう娘の一つ一つの行動で、簡単にへこむ自分がいました。

 ”娘が「いい子」だったら、自分の一日が成功だった。”と思いがちなんだけど、それはもうやめたい。

よく、うちはうち、よそはよそ、ということばがあるけど、

私は私、娘は娘、の別人格だということをよくよくわかっていないといけない。

そうでないと、娘の人となりを、自分の性格や能力と結びつけ過ぎてつらくなってしまう。

私はおいしいご飯を作れたり、家をきれいに整えたりできるようになりたくて、それらはかなり密接に娘の(おそらくは、好ましい)成長と関連がありそうだとは思う。

でも、料理も片付けも、第一義的には自分のためにするんであって、これをすれば必ず娘がよく成長する、と思わないほうがよさそう。

そうじゃないと、「私はこんなにやっているのにどうして娘は・・・(ノД`)・゜・。」と思ってしまうかもしれない。

あるいは逆に、「私ができないから、娘にも悪い影響があるんだ」と思うのも、違う。

それは、私のためにも娘のためにも、どちらにもすごくよくない・・・。

 

育児中心の生活だからといって、子どものことを考えすぎず、

淡々と家のことするのがいいような気がして、

ナチュラルクリーニングの本を読みました。

 

掃除の本っていろいろありますが、

この本の、押し付けがましくない感じが好きです。

2年くらい前から、ナチュラルクリーニングに興味が出て、

重曹クエン酸、セスキ、酸素系漂白剤は常備して、

キッチンやトイレ掃除などに活用しています。

だいぶ使い方に慣れてはきたのですが、

やや自己流になっていたところもあるので、やり方を整えていきたいところです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子