読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

フェルトの王冠を作る約束をした話。

ハンドメイド 考える

高校時代の友人が家に遊びに来てくれました。

会いたいとずっと思っていて、何年ぶりかの再会でした。

高校時代から素敵な人だった彼女は、素敵に年を重ねていて、やっぱり素敵な職業人になっていました。

 

そんな素敵な人から、大事な友達として扱ってもらえて、

なんだか自尊心が急激に回復したような感覚を覚えました。

(そういえば最近ちょっと自分いじいじしてたんだわ(;・∀・)、と後から気づく。)

 

そんな彼女には先日、姪御さんが生まれました。

「私の腕前だから大したことないんだけど、フェルトの王冠作っていい?最近趣味なの」

と聞いたら、ぜひ!と答えてくれたので、

その晩さっそく、いそいそと作りました。

 

もう楽しいこと楽しいこと。

フェルトの王冠屋さんになりたいわ。

なりたい職業はフェルトの王冠屋さんだわ。

 

ミシンを動かしながら、

大事な友達に大事な人が生まれたなんて、何といいことだろう・・・。

と、夜中の時間帯も手伝って恍惚としはじめ、

頭の中にはシャルロット・チャーチの歌うWhen a child is bornが鳴り響きだす始末。

まさに裁縫ハイ!

 

2個作りました。

ひとつは、かわいらしくお花みたいな感じで作りたくて、

ピンクのフェルトにレースを縫い付けました。

f:id:umet:20170226012211j:plain

ピンクには、この、フェルトが空気を含んだポワポワの感じが合うと思って、この仕上がりに。

 

そしてもう一つはオーソドックスな黄色にしました。

f:id:umet:20170226012357j:plain

こっちは、ふちをぐるっと一周、縫ってみました。

ふちを縫うことでポワポワ感が薄くなって、輪郭の濃いイメージになる感じがします。

持った時にも厚みがあり、しっかりした作りになりました。

 

この作業をしていたら楽しくなっちゃって、

かつて息子用に作った王冠にも手を入れてみました。

f:id:umet:20170226063518j:plain

王冠にある5つの山の頂点がダイヤのかたちになるように縫ってみました。

ちっこいですが、クローズアップすると、こんなです↓

f:id:umet:20170226063812j:plain

完全に自己満足の世界ですが、楽しかった!

この文章の中に、何回楽しいと書いてるんだろ(;^ω^)

 

私にはもともとディフェンシブな部分があって、

自分の負担になるような約束はあまりしたくないと思ってました。

今回も、作るって約束して、忙しくて作れなかったら困るなとちらっと思ったのですが、その晩すぐに作るという心の軽やかさ(笑)

何のことはない、姪御さんへのプレゼントを私は早く作りたかったんですね!

 

でも、自分で言い訳を作りだしていて(忙しいとか、片づけている時間がないとか、もっとほかに優先すべきことがあるとか)、

自分から楽しみを遠ざけてしまっていたみたいだと気づきました。

 

子どもが生まれて働いているとき、私の自己防衛は最大限に働いていたと思います。

せっかくの休みも自分が回復するほうに充てたいと考えてしまい、

その結果、自宅でずっと仕事のことが頭から離れず、まったくリフレッシュできない週末を過ごしたことも何度もあり・・・。

何だか全然楽しくありませんでした。

そう、「今を楽しむのが苦手」と、以前書いたことがあったっけ…。

umet.hatenadiary.jp

でも、心躍る約束や、

ちょっと頑張りたいようなタスクを毎日の中に入れていったら、

自分のいろんな技術もスキルアップできそうだし、何より楽しいんですね!

 

ま、ここまでは、自己満足の話なんですが。(;'∀')

 

友達とそのお姉さんが喜んでくれるといいな!

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子