明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

【読書記録】『さよさんの開運・整理収納術』

スポンサーリンク

読んだ本のご紹介です。

 

さよさんの開運・整理収納術

さよさんの開運・整理収納術

 

 

 

あまり、風水だとか開運だとか信じるほうではないですし、

このところ、ありがたいことに結構な幸運続きだと思っているのではありますが、

興味を持ってこの本を手に取ったので…深層心理では気になっているのでしょうか(;'∀')

 

モノとの言い関係を結ぶための、参考になる言葉がたくさんありました。

 

お気に入りの物には、文字どおり「気」が入っているので、エネルギーがあります。物も大切に使えば、良い気を発するといわれていますので、お気に入りの物は「よいエネルギーがある」つまり、「生きている」といえます。(p.16)

 

特に革とかガラスとかなのですが、

お手入れすると曇りがとれてグッとイキイキするので、

「生きている」というのは、なるほどなあと思いました。

 

3年以上着ていない服は死んでいます。3年着ていない理由は何ですか?

理由はさまざまだと思いますが、根本的には「気に入っていない」から「着ていない」のではないでしょうか?そのような服があれば、即、クロゼットから出しましょう。

気に入っていない=気が入っていない=エネルギーがない→死んでいる服

クロゼットを洋服の墓場にしてはいけません。(p.38)

 

ショッキングで耳の痛い話。

でも先日、これからはワンピースで暮らす、と決めたので、

クロゼットの片づけも進むはず。はず。

 

お金に対する言葉選びのことや、

お財布の扱い方も勉強になりました。

 

言葉はとても大切。「お金がない」と言えば言うほど、「本当にお金がないのだ」と、脳が錯覚し、それを事実として受け止めてしまいます。言葉通りに認識され、お金が逃げていく状態を自ら生んでしまいます。

「子どもに、おもちゃやお菓子をねだられると『買わない』という意味で、『お金がないから』と言ってしまう」と相談されたことがあります。これは「おもちゃやお菓子を買う無駄なお金がない」という状況ですよね。ならば「○○を買うのは無駄遣いなので今日は我慢しようね」と、正確に伝えてあげてください。(p.43)

わー。これ言っている気がする。(-"-)

何が無駄遣いなのか、何がそうでないのかを、

子どもと一緒に考え始める時期が来たということかしら。

手前から千円、5000円、1万円と、券種をそろえていれることで、いくら入っているかわかりやすく、出しやすいメリットが。いくら入っているかわからない程、乱雑に入れるということは、お札を大切にしていない証拠です。(p.48)

 これも耳が痛い話。

レシートとお札がまじりがちになるのを、改めるところから始めないと。

 

そして、

ことば使いとか考え方が、

毎日の生活を作っていくんだなあと思ったのが次のくだり。

過去、現在、未来、いちばん大切なのは「現在」です。過去には戻れませんし、変えられません。未来は現在とつながっているので、今、何不自由なく暮らせている幸せを実感していれば、今とつながっている未来もきっと幸せです。〇年〇月〇日にいきなり幸せスイッチが入ることはありません!

そして、心の記憶を再生するのが人生ですから、幸せな未来のためには、日々、どんなことを思って暮らしているか?日々の思考も大切。(p.110)

 

「『子どもが熱を出すかもしれないから、レッスンを欠席するかもしれません』という連絡は必要ありません」

自宅レッスンの初回、必ず皆様にお願いする一文です。(中略)

そうならないために、「皆と楽しくお茶を飲みながらレッスンを受けている姿を妄想してください」とお願いしています。レッスンを欠席するのではなく、楽しく参加するほうに妄想するのです。

初回レッスンでこのようにお伝えするので、皆様かなり驚かれますが、これを伝えるようになってからは実際に欠席がなくなり、妄想(思考)の大切さを実感しています。キャンセルだと申し訳ない……と思う気遣いはわかりますが、いちばん大切なのはお子様が「熱を出さないこと」。心配する時間と労力は無駄です!(p.111-112)

 

開運のための本というよりは、

生き方や子育てにも通じる話が出てきて、参考になりました。(#^^#)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子