明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

【ハンドメイド】プリンセスの三色ドレスと、お姫さまごっこに思うこと。

スポンサーリンク

私には珍しいことに、先週の楽天セール、まともに参加できませんでした。

(最近、早く寝てるわりに、早起きができずに遅く起きていて、

ネットを見る時間がなくなっていました…(;´∀`))

 

 

それでも、忘れずに買ったもの。

それが、サテンの布。

ピンクと黄色の2色のサテンを買いました。

 

 この布で何を作っていたかと言いますと!

 

これです!

なんちゃってプリンセスドレス。

f:id:umet:20170530062302j:plain

f:id:umet:20170530062348j:plain

 

以前作ったのは水色でした。

f:id:umet:20170309232152j:plain

この時のことはこちらに書きました↓。

エルサ風ドレス作成!ダイソーのレースカーテン大活躍の巻。 - 明日も暮らす

 

サテンがつるつる滑って、裾の処理が難しいので、

今回は、こんな風にしてみました。

f:id:umet:20170530062932j:plain

リボンの縫いつけ。

三つ折りする代わりに、裾ぎりぎりにリボンを縫いつけました。

キラキラしさが増してゴージャスになり、いいんじゃないかと思っています。

こっちのほうがラク(;´∀`)

負担がないこと、これが、テキトウ・ソーイングでは一番大事。

 

水色、ピンク、黄色。

3色そろって、信号のよう…。(;´∀`)

嬉しいことに娘は、とっかえひっかえ着てくれています。

 

瞬間的に、おしとやかーに、こうなりますが、

f:id:umet:20170530063901p:plain

3秒持たずこうなる。

f:id:umet:20170530063945p:plain

ベルの食事風景。

f:id:umet:20170530064058p:plain

日常にプリンセスを取り入れて、

それはそれは楽しく遊んでいます。

 

ピンクはオーロラ姫およびシンデレラ(実写版で、ピンクのドレスを着ているシーンがあった)、

黄色は『美女と野獣』のベル、

水色は、エルサかシンデレラ、ベルの普段着…と、

自分なりに意味付けして着ているようです。

 

そのうちラプンツェルのDVDも買おうかと思っているんですが、

紫のドレスも作れって言われたらどうしよう。

いつもお世話になってる布のお店、紫のサテンはなかったみたいだった><

 

 

思い出せば、結婚もしてない10年以上昔、友達と、

「子どもの性別が選べるんだったらどっちがいい?!」

という話をしたことがあります。

「女の子の遊びにつきあえない気がするから…男の子かなあ…」と答えました。

プリンセスごっことか、自分が小さい頃にした覚えがありません。

 

そしたら娘が生まれ、

彼女は、プリンセスごっこめっちゃしています(笑)

 

 

 

そして、この間スーパーに買い物に行った時、

こちらをねだられ。

f:id:umet:20170530064411j:plain

プリンセスの口紅だそうです。

 

ちょっとだけ色がつくリップ。

まだ3歳なのに、絶対早い。

まだ早いだろう…(´・д・`)

 

と思いつつ、

「お出かけするときは、きちんとふき取るって約束できる?」

「プリンセスになったら、きちんとご飯食べる?歯も磨ける?それができる人だけ、プリンセスの口紅つけられるんだよ?」

って言って、(私の魂胆をもりもりに盛り込んで)購入しました。

 

プリンセスのお力を借りたい私の思惑はさておき。

色付きリップを3歳の娘に買い与えることに関しては、

早いだろ!小学生だって早いくらいだ!

と反論する自分がいつつも、

お化粧で遊びたい時期ならそんなもんか…とも思って、

”どんなふうに遊ぶのか見てみたい”

という気持ちが勝ったと思います。

 

 

 

私自身は、お姫さまごっこも一切せず、

母親の化粧品でいたずらもしない子どもでした。

むしろそういうことを、悪いことだと思っていた気すらします。

 

大げさだけど、

私は、自分の子ども時代からの遊びを通して、正しく女性らしさを育てていけたのか懐疑的なんです。

もちろん、女性らしさなんてものがあるとして、それが外見だけのものとは思わないけれども。

そしてそれを、子ども時代にお姫さま遊びをしなかったからだ!なんて短絡的に考えているわけではないけれど…。

 

シンデレラや白雪姫みたいな、王子様が助けに来てくれる話を、

エライ封建的だなーと思って、避けて過ごしてきました。

王子様が来てくれるのも、それはそれとしていいんじゃないかと思うようになったのは、

わりと最近のことのような気がします。

 

今、プリンセス時代真っ盛りの娘。

私が作ったドレスを制服のように毎日着てくれるのを見て、

嬉しいけれども。

しかしながら、プリンセス系のモノを与えるのは、

これくらいが限界のような気がします。(;´∀`)

娘としては、エルサの靴とか欲しいみたいですけれども。

それは作れないからなあ…。

 

 

 

自分も通ってきた道!とは思えないので、

母としても手探りですが、このプリンセス熱が、どういう形で収束するのか、

見守ってみたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子