明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

娘の4歳の誕生日~実家でのお祝い編~

スポンサーリンク

娘の誕生日を数日後に控えたある日、

私の母と姉(娘から見ると、おばあちゃんと伯母)が、娘の誕生日を祝ってくれました。

 

誕生日プレゼントに、娘の好きなものを買ってあげる、と、私の姉。

姉が娘に「何がいいの?考えておいてね」と聞くと、

娘は「アンパンマンのおもちゃがいい!」とのこと。

 

私の気持ちを正直に言いますと、

”えーっ?アンパンマンにするの?”、

でした。

 

もう4歳になるのに、アンパンマン?

どうせならプリンセスのほうが、長く遊べるんじゃないの?

さらに言うなら、もっと知育っぽいほうがいいのでは。

ブロックとかさ。パズル的なものとか。

 

 

↓娘が選んだのはこれでした。

「いらっしゃいませ! ジャムおじさんのやきたてパン工場 」。

対象年齢、3歳からのおもちゃ。

いつも、できれば対象年齢の下限ぎりぎりのものを選びたい私。

自分からは積極的に選ばないおもちゃでした。^^;

 

私と姉のLINEのやりとり。

 

 

私「母としては…どうせおもちゃなら知育系の、レゴとか、長く使えるのがいいと思うんだけど、本人の今の興味関心でいうと、そういうのはあんまりぴんとこないみたいなんだよね…。」

 

姉「本人に聞けばそうなるよね。なるべく意に沿うよう考えます!」

 

そして、この日、

姉が娘をおもちゃ屋さんに連れ出してくれて、

娘が「いらっしゃいませ! ジャムおじさんのやきたてパン工場 」を選んだというわけです。

 

 

実家でおもちゃを箱から出すや否や、食いつく食いつく。

f:id:umet:20170828092926j:plain

 

熱中しすぎて、足ひでえことになってる。

f:id:umet:20170828092952p:plain

 

後からわかったのですが、このおもちゃ、ベストセラーみたいです。

だいぶリアルに作られたパン、

かまどにレジスター、ドリンクバーまでついています。

音が出たり、ボタンを押したり、いろんなギミックがあって、

大人からみても、面白いおもちゃでした。

 

そして、実家ではケーキ@コージーコーナーも用意してくれていました。

f:id:umet:20170828092957p:plain

 

おばあちゃんによる、衣装直し。

f:id:umet:20170828092944p:plain

おばあちゃんに「このままだとちょっと地味よー」と言われながら、

ピンクのネックレスをつけてもらいました^^;

 

そして、それはそれは楽しそうに、ろうそくを吹き消してました。

f:id:umet:20170828092935p:plain

 

アンパンマンのパン工場を家に持ち帰って、さらに遊ぶ。

f:id:umet:20170828101953j:plain

 

とっても楽しい時間を過ごしました。

あまりにもアンパンマンに食いつくもので、

私は少し反省しました。

いつも娘に与えるおもちゃは、教育的な意味とか、長く使えるとか弟も楽しめるものとか、私の気持ちが先走って、娘の気持ちを置いてけぼりにしていたかも。

 

4歳になるけど、まだアンパンマンのおもちゃが好き。

それだっていいじゃないかー。

成長するのを急ぐ必要はない。

どうせいつかはアンパンマンで遊ぶ時代は過ぎてしまうんだから、

大人があせって追い立てなくてもいいか。

 

そんなことを感じた、娘の誕生祝い@実家でした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子