明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

エルゴの首かっくん防止サポートにプラスナップをつけたら、使い心地UPしました。

スポンサーリンク

ブログタイトルを「明日もプラスナップと暮らす」、にしようかなと思わなくもない梅つま子です。

それとも、梅・プラスナップ・つま子のほうがいいかな。

それくらいプラスナップを愛用してます…!

 

 

 

さてさて、先日、息子がエルゴ抱っこで寝ましてね。

さあ…、満を持して、ふとんに着陸だ!

 

エルゴご愛用のママさんならわかるはず、私の心の叫び…!

f:id:umet:20171114035824p:plain

エルゴベビーのひもなどが絡まるとあぶないので、息子の背中からエルゴを引き抜くのですが、

そのとき高確率で起きますよね。…ジーザス!

 

エルゴあるあるですね。

 

 

 

このイラストのとおり、「首かっくん防止サポート」を使っています。

この名前のほかにも「首かっくんにならない頭あて」とか「ヘッドサポート」といわれているみたいです。

なお、このイラストの首かっくん防止サポート、つけ方を間違えていたみたいで(汗)

マジックテープの部分のつける方向が逆回りになっていました…!ご注意ください。

 

娘のエルゴ活用時代に購入したのは、こちらでした。

息子をおんぶするときに便利だなと思い、

最近秋になって寒くなってきたので、風除けにもなるかしらと、

引っ張り出してきて使っていたんです。

ある日、エルゴベビーをたたんだときに上から力を加えてしまい、なんと中板が割れてしまいました。がーん。もうベコベコで使えなくなってしまいました…。

 

それで調べてみたら、

今は、中板がはずせるタイプがあるんですって!娘のときにはなかったと思います。

洗濯のときに便利ですね。 

ただやっぱりちょっとお値段お高いです!

(結局、メルカリで数百円で購入した、西松屋のを使っています。)

今日はこのヘッドサポートを加工していきますよ!

 

問題はここ!

f:id:umet:20171111073909j:plain

左右の首脇の部分です。

息子がもがいたり腕を出そうとしたりするたびに、マジックテープがはだけていく…!

これでは見た目が残念だし、どうにかしたい。

 

どうにかしたい、と思ったときは。

…プラスナップが使えないかを考えてみます!

 

困ったときのプラスナップ様です!

 

私はアマゾンで購入しました。

 

プラスナップ、種類がいろいろありますね。楽天でもプラスナップはたくさん扱いがあるようです。

お値段もお手ごろで、送料無料のもあるので、買いまわりにぴったりだと思います!

 

おすすめは、おまけプラスナップつきの本体(プライヤー)を購入して、

あとから、必要なプラスナップを購入するといいと思います。

 

いろんな色をそろえたくなりますが、万能はやはり白かなと思います。

白だけあれば、とりあえずなんとかなる可能性が高いのではと思います!

プラスチック スナップ ボタン プラスナップ 白色 100組 12mm T5

私もこちらを追加購入しました。

 

今回はプラスナップも苦戦しそうだ…!なぜなら

ご覧のとおり…、

f:id:umet:20171111073909j:plain
厚地
なのです!

もともと、厚手の生地であるのに加え、そこにマジックテープも加わっています。

生地の厚みで4ミリくらいでしょうか?

そのままでは、さすがのプラスナップの針も歯が立ちません。

 

なので少々手を加えますよ!

 

まずは目打ちで穴を開けます

しっかりあけます。ぐいぐいぐいっと。

f:id:umet:20171111073904j:plain

目打ちの根元までいっちゃいます。

 

マジックテープの毛足をカットします

f:id:umet:20171111073923j:plain

この毛が、なんてことないようで、生地の厚みをかなり増してしまうので、

剃毛のような感じでカットしてしまいます。

 

さらに生地をカットしていきます

生地に開けた穴は、目打ちの穴だけでは心もとないので、

糸切バサミで穴の周りをチョキチョキ、がっつりカットです。

f:id:umet:20171111073900j:plain

どれくらい穴を開けたらいいかは、お手持ちのプラスナップにもよるので、

適宜、状況を見つつやるのがよろしいかと思います!

 

私がやってみた感じでは、こんなに穴を開けちゃって大丈夫か?くらい穴が開いたほうが、

しっかりプラスナップがとまってくれる気がしました。

 

いざ、プラスナップをかしめます

いけるかな?と思ったら、プラスナップをセットして、ぐぐっとかしめてください!

オスとメス、裏表はくれぐれもお気をつけください。

でも、付け間違えても、爪切りやペンチなどで外せますのでご安心を。

f:id:umet:20171111073926j:plain

 

色が白だからわかりづらいのですが、こんな風になりました。

f:id:umet:20171111073916j:plain

 

これで、首かっくん防止サポートがしっかりエルゴにとまりました。

息子がエルゴの中でばたついても、たいていは大丈夫です。

 

 

またプラスナップを活用できて、満足です!

プラスナップ様!ありがとう!

 

 

梅・プラスナップ・つま子

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子