読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

カウンター

子育てとポジティブイメージについて。

子ども 産後ライフ 考える

論文かと思うようなたいそうなタイトルになってしまいましたが、単なるつぶやきです。

 

息子を出産してから、

「やっぱり2番目は楽?」(←ラク前提で聞かれることがなぜか多い)

「男の子ってどう?」

と尋ねられることがたびたびあります。

 

2番目だから、男の子だから、という属性よりも、

個人の性質のほうが大きいと思っているし、

娘を出産した時と息子を出産した時では、

私の状況もまるで違うので、

「2番目だから楽だよ」「男の子のほうが楽だよ」と、単純に言うことはできません。

でも、体感としては、

息子を4か月育ててみて、娘の生後4か月の時より、私はずっと気持ちがラクです。

 

いろいろに理由はありそうなのですが、

一つは私が、ポジティブなイメージを持てていることにあるかなと思います。

このポジティブイメージ、根拠はないのが特徴といえば特徴で…。

なんとなくとしか言いようがないものだったりします。

 

息子が生後2か月のとき、それまで作っていた夜の粉ミルクをやめて、

おそるおそる完母に切り替えたのも、

「私、母乳でるんじゃないかなあ」との思いこみから始まった気がします。

そしたら、母乳だけで毎日が回るようになりました。

今思えば、娘の時も、やってみたら母乳だけでやれたのかもしれない。

でも、”夜はミルクをあげるものだ”と思い込んでいたし、

”母乳だけじゃ足りないんだ”って信じていた。

「一回、母乳だけで一日過ごしてみようかな?」って、

やるだけやってみたってよさそうなのに、

試してみようともしなかったんです。

 

娘を産んでからの私は、

自分のやっていることがあっているのか、

娘の今の月齢でできているべきことは何なのか、それを娘は、きちんとできるようになってきているのか、

たくさん検索したりして、そのたびに人と比較して、勝手に劣等感を感じながら、ずっとびくびくしていた気がします。

 

娘の時には思えなかった、

”自分が楽なようにするしかないや~”という心境が、

ひょこっとやってきたような気がします。

 

2人目を産む前、

子どもが2人になったら、

絶対に今よりも大変になる!と、

思っていました。

私は一人しかいないのに子どもが2人になったら、

物理的に手が足りなくて、いろんなことが無理だろ!と思っていました。

 

ところが今、

娘一人に向き合っていたときの張りつめていた緊張が抜けてきたようになって、

子どもが娘ひとりだけだったときよりも、妙にラクなんです。

 

自分は完璧なお母さんじゃないけど、

自分が提供できることをすれば、きっとすくすく育ってくれる。

いい家族になれる。

そんな勝手な思い込みともいえるポジティブイメージがやってきました。

 

もちろん、手痛いしっぺ返しが来ないとも限らないんですけれども、

それさえ、なるようになるさーと、思えそうな気がする。

産後ハイの一環かもしれませんが…。

 

ポジティブイメージがやってきた原因は何だろう。

仕事をやめたことで気楽になったのか、

息子が生まれてすぐに入院したことで度胸(?)がついたのか、

娘を育ててきた経験によるものか。

あるいは私の加齢かな。加齢かもな。老いかもな・・・(;'∀')

 

ここに書いたことは一般論ではなくて、

母乳は、出ると思いこめばみんな出るものなんだ!

2人の子を育てるのは1、人を育てるより楽なんだ!

と言いたいわけじゃないんです。

 

ずっと心配症で生きてきた自分が、今たぶん自分史上一番リラックスしている気がします。

リラックスといえば聞こえはいいけど、

諦めて抗わなくなったのか、張る意地すらなくなったのか(;^ω^)

 

自分ですら、自分の変化に、多少、狐につままれてるような感じなんです。

 

そういえば娘が赤ちゃん時代に使っていたジムがあったな!

と広げてみたら。

f:id:umet:20170224061643p:plain

気に入っていた。

 

そんなこんなで一日が過ぎていきます。

今日は4か月の赤ちゃんの集まりに行ってきます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ごちゃつく3歳児娘の引き出しをどうするか問題。

子ども部屋

我が家の子ども部屋、今は娘ひとりのものみたいな感じですが、

いずれは弟と共有してもらうことになるので、

いろんな「モノ」をどうやって収納するか、これから悩みが始まることと思います。

 

その最たるものが、おもちゃ。

分類しやすいものは、まだいいんです。

「おままごとセット」「ぬいぐるみ」「お絵かきセット」などなど。

分類しきれない、小さなモノが多いこと多いこと・・・。

f:id:umet:20170222054851j:plain

 

小さいモノがあふれていることには、いろんな元凶があるのですが、大きなところで2つ、気づいています。

 

1.ガチャガチャ

最初にガチャガチャをやったのはいつだっけかな・・・。1年くらい前でしょうか。

それ以来、はまるはまる。

その結果、小さいおもちゃが家の中に散乱することになりました。

自分は小さいころガチャガチャをほとんどやらなかったので、

子どもにやらせることにちょっと抵抗もあって、

「パパと一緒の時だけだよ」というルールにしています。

夫は上手にガチャガチャを楽しめるんですよね。

ちょっとうらやましい・・・。

 

自分の感覚としては、お金というのは、決まった目的のものを買うために使うものであって、

何が当たるかわからないものを買うのは、お金の使い道として好みではないです。

ガチャガチャで当たったものは、長く使えるおもちゃにはなりにくいし。

でも、何が当たるかな?というワクワクはやっぱり楽しいものだなあとも思います。

 

矛盾してるけど、娘がガチャガチャで持ってきたものを、

「何が当たったのっ?(^◇^)」って聞いてしまうんですよね。

娘のワクワクのおこぼれに預かる母、それはワタシ(汗)

 

で、その結果、コッシーとカレーパンマンが卵の中に入ってるシュールなおもちゃとかが、我が家にやってきたわけです。

f:id:umet:20170223061120j:plain

 

ガチャガチャは、娘にもう少し時間の感覚がついてきたら、

頻度を考えてつきあっていくことになるのかな・・・。

 

2.私が作ったもの

フェルトで作ったいろんなものが、行き場を失っているのを見るのは悲しい。。。

(;´Д`)

先日娘に、「引き出しに入らない分はさよならしよう!」ということで、

要らないものを選んでもらったのですが、

まんまと選ばれた私の手作り。

f:id:umet:20170222060842j:plain

フェルトで作った虫さん…(;_;)

チーズの空き箱(ごみ)と一緒に選ばれてしまいました。

↓このときに作ったんですよね…。

umet.hatenadiary.jp()

捨てるときのことまでは考えずに作るからなー。

いろんな思い出がついてしまうから、手作りというのはつきあい方が難しいところもあります。

でもあまり一つのモノに固執せずに、どんどん作っていこうと思います。

とは言いながら…、ホントはいけないのだろうけど、

フェルトの虫さんは、どうしても捨てられなくて救出しちゃいました。

 

 

 

大げさだけど、

娘は、”モノとの関係をどうするか”という大きなテーマと向き合い始める時期に入っているのだと思います。

偉そうなことを言う私だってそうだったんですよね。

子どもの時、消しゴムとかシールとかを集めていたりして、「小さくてかわいいものを愛でる」ことの楽しさを知りました。

そうやっていくうちに、自分のお気に入りができて、宝物ができて。

どういう色が好きなのか、どういう絵が好きなのか、どういう雰囲気が好きなのか。

モノを通して、自分のことがわかっていったと思います。

今も、使わないけど捨てられないもの、たくさんあります。

つい、自分のことは棚にあげて考えちゃいますが…。(;・∀・)

 

娘もおそらくそうやって、モノから教えてもらったり、モノとの適切な関係を築いていく中で、自分のことを理解していくんだと思います。

私にとっては、実用品じゃないし、好みでもないものが家の中にあることになります。

それが嫌だからといって、捨ててしまって、自分の好みのものを与えてコントロールするわけにはいかない。

 

きっと娘だって、失敗しながら自分の好みを作りあげていく。

長ーい過程に入った娘。

言ってみれば私だって、まだ、その過程の渦中にあるんですよね。

 

あまり目くじら立てないようにしながら、自分たちの住まいをどうやっていくか、ルールをどうするか、考えていきたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2016 梅つま子