明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

妊娠29週、妊婦健診と経口ブドウ糖負荷試験の結果。

スポンサーリンク

妊婦検診の日でした。

前回から2週間空いていませんが、他の日にいけないため、この日になりました。

前回から今回の健診の間に、経口ブドウ糖負荷試験の日があったので、

週1ペースの通院が続きました。

 

この日の大きなイベントは、3Dエコーと、前回受けた経口ブドウ糖負荷試験の結果を聞くこと。

前回の健診で3Dエコーで見ていただいたのですが、

がっちり顔を隠していて、表情が見えなくて残念がっていたら、技師の方が、来週も3Dにしますか?と尋ねてくれました。

本来は妊娠中の2回、16週と28週のみのサービス?のようなのですが、

よく見えなかったということで対応していただけたようです。

 

仕事終わりの夫も来てくれて、何とか検査に間に合って、一緒にエコーを見ることが出来ました。

 

せっかくの3Dではあったのですが、ところがやっぱり、顔の前に手をかざしている姿勢でいたので、顔はその隙間にできた空間からしか見えませんでした。

”誰に似てる”とかの話はできませんでした^^;

でもしっかり成長していて、1300グラムほどだそうで。

性別はやっぱり男の子のようでした。

元気で大きくなってくれれば何より!

 

そして、診察。

どきどきしていた、経口ブドウ糖負荷試験の結果ですが、妊娠糖尿病を疑う数値は出ていないということでした。

 

よ、よかった…。

 

検査中、ブドウ糖のサイダーを飲んだあとしばらくして、気分が悪くなったのですが、気分が悪くなること自体を、

”これは自分が妊娠糖尿病である証拠なのでは…”と思っていたので、

ほっとしました。

 

妊娠糖尿病というのは、

 

・検査前値が92mg/dl以上

・1時間値180mg/dl以上

・2時間値153mg/dl以上

 

のいずれかがあれば妊娠糖尿病と診断されるのだそうです。

 

私の数値は、

・検査前:89mg/dl

・1時間値:167mg/dl

・2時間値:118mg/dl

でした。

 

今回の結果は、妊娠糖尿病には当たらなかったけれど、

糖尿病患者も身内にいることや、年齢や食べ物の好みからいっても、

やっぱり気をつけなければいけない立場であることには変わりないだろうな~と思います。

 

もしもカロリーやら栄養を気にしなくていいのなら、

甘いもの大好きなんですよね。

チョコレートとか生クリームとかアイスとか…。

好きすぎて怖くなるくらいなので、習慣として、自分ではなるべく買わないようにしています。

一度許したら歯止めが利かなくなりそうで。

ときどきの頂き物とか、友達と一緒のひと時、おいしーく食べるのが、自分には合っている気がします。

 

 今回、尿糖プラスからの経口ブドウ糖負荷試験の流れは、

天からの「YOU、気をつけな」コールだと思うことにして、

引き続き、体にいいものを心がけたいと思います!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子