明日も暮らす。

小さな生活改善を愛する、梅つま子の日記です。

産後の心境。始まった頻回授乳。

スポンサーリンク

出産前は、妊婦の自分のほうが本来の姿じゃないかと思うくらい、

妊婦の自分がしっくり来ていました。

 

umet.hatenadiary.jp

上の記事で、ワタシはこんなことを書いていました。

 

おなかが大きい状況は嫌いではなくて、

調子がいい時は、むしろこっちがホントの姿ではないのか?!と思ったりします。大げさですが・・・。

何というか、体が、より本能に正直になる気がするんです。眠くなったり、食べたいものがはっきりしたり。嫌だと思うもの、好きだと思うものにも敏感になる気がします。自分の身体の癖や心の特徴というか。

 

・・・今、妊婦じゃなくなってみて。

やっぱり、非・妊婦の今がホントの姿だ(;^ω^)

と思います。

 

えづかなくなったし、心も体もすっきりしています。

息子出産後、3日目に計った体重は、約3キロの息子を産んだのに約2キロしか減っていなくて「!?」と思ったのですが、

今、約3週間経って、マイナス5、6キロくらいでしょうか(何しろ昼夜問わず頻繁に水を飲むので、正確な体重がよくわからない)。

機敏とは言えないけどそれなりに動けます。

スーパーサイヤ人が普通のサイヤ人に戻ったかのような、安定感(という比喩が適切かどうかわかりませんが・・・)。

 

何で妊婦の時に、「こっちがホントの自分」って思ったのかなあと考えると・・・。

種を残すための本能みたいなものが、自分にプログラミングされていたのだろうか?

そして今、妊婦さんをみると「いいなー(*´ω`)」と思ったり、

鞄に付けた安産祈願のお守りを取り外しがたく思っている自分がいます。

・・・一体なんなんだー!(;´∀`)

 

日常生活もそれなりに送れていますが、

自分で買い物に行けない分(夫に行ってもらっています)、

料理が残念なことになっています。(ノД`)・゜・。

 

でも、いつかは子ども二人抱えて、買い物も料理もしなければならないですよね。

主婦としてはお恥ずかしい気がいたしますが、餃子屋さんの生餃子に助けられています。

プレミアム会員になっちゃうんじゃないの?という勢いです。

 

娘は以前から赤ちゃん返りをしていたので、

息子を見ても、そんなに心を乱されることはないようです。

娘は生まれて間もない息子を見て以来、しばらく彼を目にすることはなかったので(子どもがNICUに入るのは禁じられていました)、

何が起こっているのかわからず、”赤ちゃんはいったいどこに行ったんだろう”と、不安な日々を過ごしていたのかもしれません。

 

今、弟と一緒の生活が始まり、抱っこしようとしたり、おむつを替えてあげようとしたり、お世話する気まんまんです。

 

 頻回授乳が始まり、母乳をあげていますが、

早くも詰まり気味です(;O;)

イタイ。吸われ始めが特に痛いです。

注射でもされているような痛みです。

 

そして、固くなりました・・・!

中に石でもあるんじゃないかというくらい固い。

娘の時も乳腺炎気味になったけど、こんなに早い時期ではなかった気がします。

何の予告もなく、あまりにも急に固くなったのでビビりました。

 

固く熱を持っているので、搾乳器で絞って解消できないかしら?と思ったのですが、

ダメでした。

搾乳器、非常に頼りにしていますが、固くなってしまうと搾乳できません。

柔らかい時のほうが格段によく出ます。

 

ピジョン さく乳器 手動

ピジョン さく乳器 手動

 

 

乳房がふたつあってよかった。

ひとつだったらきつい・・・。

 

頻回授乳しているうちに治りましたが、

あまりに痛かったんで、

母乳の詰まりを解消するお茶を購入してみました。

 

 

 効くのかなあ。楽しみです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子