明日も暮らす。

明日も暮らす。

子育てや暮らしのこと、試行錯誤しながら明日も暮らしていきたいと思っています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産しました。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は退職して専業主婦です。

【プラスナップ】食事用エプロンがしっかり留まる&洗いやすくなる工夫。

スポンサーリンク

離乳食真っ盛りの我が家では、子ども用の食事エプロンが欠かせません。

f:id:umet:20170506102219j:plain

 

 使用しているのはコレ。

 

薄手で洗いやすくて、3枚入りでお値段もお安いのが気に入ってます。

 

実は娘も同じものを使っていました。

娘のは、お花の柄でした。

シリコン製の、しっかりしたお食事エプロンを使っていたこともあるのですが、

食事の後の食器と一緒に、洗い物が一つ増えること、

次の食事までに乾かなくって、タオルで拭かなければならないこと、

かさばるため持ち運びに不便を感じたことから、

あまり使用しなくなっていました。

 

私にとっては、洗濯のほうが、食器洗いよりもずっとハードルの低い家事です。

洗濯機に放り込むものが1つ2つ増えても、それほど負担に感じません。

でも、シンクで洗うもの・洗った後にタオルで拭くものが1つ増えるのは、

面倒、というほどではないけど、無いにこしたことはないです。

 

 

この商品のマジックテープは、あまり粘着力が強くなく、

洗濯機に放り込んでも、あまり他の洗い物にくっつくことはありません。

f:id:umet:20170506102246j:plain

ただし、そこはマジックテープなので、ほかの洗い物にくっつくことがゼロではありません。

下着とかガーゼとか、薄手のものは、まれにくっついてしまい、

くっつかれた方のものの生地が、ちょっとけば立ってしまうことも…。

 

さらに、最近の息子は、握力や腕の力がついたため、

このエプロンを引きはがして、取ってしまうこともでてきました。

 

こうなってくると、エプロンの価値が危うし…(´・ω・`)

 

そんなわけで、愛用のプラスナップを出してきました。

購入以来、何かと活躍中です。

使用レポはこちら

 

マジックテープのうえに、

プラスナップで、パーツを付けてみました。

えいやー。

こんな感じになりました。

マジックテープのうえからでも問題なく、取りつけることができました。

f:id:umet:20170506104017j:plain

 留めると、こうです。

f:id:umet:20170506103941j:plain

 

パチン、としっかり留まります。

これで、食事中に息子にはがされることはなくなりましたし、

洗濯も、プラスナップをパチンとはめた状態で洗えば、

他の洗い物にまとわりつくことはないです。

気に入っていたものが、さらに使いやすくなってスッキリ!

3枚のエプロンすべてにプラスナップを付けました。

 

息子が装着するとこの通り。

最初からプラスナップがついていたかのよう。(∩´∀`)∩

f:id:umet:20170509072643j:plain

最近暑いので、日中は肌着オンリーで過ごすことも出てきました。

今からこうだと、真夏はどうなる…(@_@;)

 

布を触るのが楽しい月齢の息子。

しかし、もう君がいくら触っても外れないのよー(*´з`)

f:id:umet:20170509072755j:plain

離乳食タイムが平和になりました。

 

プラスナップのものはプラスナップ、

マジックテープのものはマジックテープ。と考えていたので、

マジックテープのうえにプラスナップを付けてしまう、という発想はこれまでしたことがありませんでした。

 

でも、プラスナップonマジックテープというのもありなんだなと思いました。

マジックテープの生地にもよると思いますが、

今回の食事エプロンには十分使えました。

 

楽しい改善作業でした!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2017 梅つま子